ドライアイIPL光パルス療法 飛蚊症YAGレーザーについて

2020-12-08

乾燥性角結膜炎ドライアイにIPL光パルス療法M22を試行しています。もとは皮膚科領域でシミに対してかなり前から普及していた

装置ですが設定を変えて主にマイボーム腺機能を改善しドライアイを軽減しようという装置です。まだ実験的で学会報告ほどの劇的効果は

疑問ですが点眼で解消しきれない症状には有望と思われます。

虫が飛ぶ、影が動いて見えるなどの飛蚊症の症状でお困りの場合、

レーザーで解消できるものもあります。

検査の上、解消法を検討しますのでお尋ねください。